深夜の居場所

October 31, 2006

深夜の居場所を探して、賑やかというよりはむしろ人もまばらでゆっくりコーヒーでも飲みたい時、意外と無い落ち着かせ場所。今日もそんな気分でここに来ると、この時間はスペースが気持ち良い。そしてゆっくりと箍が外れる。

stb.jpg

4千年の歴史

October 30, 2006

中華街にはたまに行くのだが、ここ横浜が世界の中華街で一番大きい。日本人街も世界にあるのだが、どれもこれとは確実に異を唱えるものである。はっきり言って陳腐。こんなところにも同じアジア人とて中国人と日本人での決定的違いが見て取れる。外から見るその国の持つ世界観が良く現れている。コミュニティーパワー。
china1.jpg
china.jpg
萬珍楼

無性に食べたくなる味

October 29, 2006

いろいろあるが、何故か無性に何かが食べたくなるときが来る。今日は近所のお祭りが漂わせていたソース味の何かか、近所の家から御飯時に発せられる揚げ物の匂いに誘発されてしまい、どちらかにしか行かない、行けない気分。結局、お口のチョイスは独断でお好み焼きになってしまった。という事で今日は此処に行きました。

okono.jpg
広島でも有名な『八昌』

セーラー服と機関銃

October 28, 2006

薬師丸ひろ子の時もフレッシュでした。ドラマの内容はさておいて、フレッシュなんです長澤まさみも。

金曜日らしい

October 27, 2006

金曜日、その週を締めくくるにふさわしいめまぐるしく良い1日だった今日を振り返る。諸雑務の隙間を縫ってWRの大ちゃんとアンダーカバーの07SS展示会へ行く。その後渋谷へSINDEEの優くんとPAMのパーティーに行き、そのままBALの07SS展示会行った後に夕食を江田くん、カバヤくんとメキシカンを食べに中目黒のJUNKADERICへ。その流れで大ちゃんのイベントに六本木『R』へ。まあ、これが今日の後半からの流れ、当たり前のように帰宅は朝方です。HAVE A GOOD WEEKEND!!


P.DIDDY

終わりなき1日

October 26, 2006

昨晩の影響で今日1日の歯車が狂っているのがわかってルーティーンを過ごすほど無駄にしていると思う瞬間が忌々しくやるせない。そんな日こそ本番的な事柄が多く、改めて人間っていうものは夜は寝て、朝は起きるものだという当たり前の事を知るハメになってしまった。それでも夜は、来年からの構想での強力助っ人とのミーティングをし、家に帰ればまたそんないつもの時間。しかしその後、懲りずにATOM君と夜中の恵比寿へ颯爽と出掛けてしまうのである。それもまたルーティーンなのである。

秘密戦隊

October 25, 2006

今日はENDSWORKSさんとOSMさんといつもの秘密会議を深夜の都内某所で。今日の議題は前半『現代情報社会に対する人々の認識と知識とのベクトル』後半『配達の利便性がもたらす人への可能性と消費メリット、デメリット』についての2部構成。詳細は書くまでもないがこんな議題が深夜の世田谷で繰り広げられている。僕たちのそんな定例会は涙あり笑いあり、時に眉間にシワさえ寄せるのである。

働くおっさん劇場

October 24, 2006

働くおっさん人形が働くおっさん劇場となって3年ぶりに帰って来た。早朝に行われていたヤバいこの番組はイタいところを敢えて突くのですが面白いんです。パワーアップしてます。3年前と登場するオッサンも同じ。かなりきてます。相当イタいです。ワンランク上の教育番組なのだそうです。

ナンバーポータビリティー

October 23, 2006

いよいよ始まるっていったところでどれくらいの人が動くのだろうか?見物です。今のところ僕自身は様子を見る派に籍を置きたいと思います。他社へ移るメリット、デメリットを理解している人は果たしているのだろうか?今これが行われるのに当たってそれほど騒ぐ事なのだろうか?いったい日本の携帯事業はどこへ向かい、どうなってしまうのだろうか?これだけ普及して、みんなの好きなモノに違いないのにこんなに魅力が無いのはおかしい。端末にしてもサービスにしてもそれを扱う企業にしても足りていないところを理解している企業、メーカーはどれくらいあるのでしょうか?進化しているというのはあくまで国内のみであって結局、井の中の蛙なのかもしれない。まあ、出尽くしてしまった感は否めないので、致し方ない気もしますが。

地元ネタ

October 22, 2006

あいにく雨になってしまったが地元、高校生からの付き合いのある親友のサーヤンと通い続けて15年になるうなぎの『うな新』へ。ここの店も出されるうなぎも飾り気はまったく無いが、オーダーを受けてから捌き、蒸し、焼く鰻は身も厚く、ふっくらしていてどこのうなぎ屋にも負けないパフォーマンス。しかも安い。言う事なし。うな重が来るまで当然の事ながら四、五十分待つ訳だが、その間の白焼き、茶碗蒸し、柳川などの控えもこれまたかなり良い演出しているのである。何を食べても美味しいこの店は確実に地元の名店なのである。

hi2.jpg
hi3.jpg
hi4.jpg

一期一会

October 21, 2006

いつも一期一会の気持ちでいようと心がけてる。自分に対して、他人に対して物事に対して。だからといって何かが変わる訳ではないけれど、潔い自分がそこにいるような、居る事の出来るような気がして。ハイとイイエに対してもはっきりとした姿勢でいたいと思っている。時に相手に対してや物事がスムーズに行かなくなってしまう事もある。自分の立場も場合によっては四面楚歌に立たされてしまう事もあり得るかもしれないが、それは全て真剣に考え、想っているからこその所以なのだから。真剣勝負に他ならない人生。ONE LIFE NOT FOREVER.

上映会

October 20, 2006

アンダーカバーの先日行われた07SSパリコレのショームービーの上映会へ足を運びました。僕も今回参加していたので感慨深いものがありました。次回もタイミングが合うなら是非参加しようと思いました。何よりここで出会うものは本当に自分を成長させてもらえるものばかりなのだからすばらしい。

UP.jpg

LOST SEASON 3

October 19, 2006

LOST SEASON3が始まりましたね。今日で3話。この秋からアメリカのドラマも目白押しなのですが、アメリカって本当にシビアな世界で視聴率が上がらなかったり、評判が良くないと打ち切ってしまうんです。もう既に打ち切られてるのもありますから。もちろん制作費もギャラも高い訳ですから、ビジネスにならなければやめるのは当たり前なのでしょう。そう言うところからも面白いものが生まれる環境が出来るのです。常に背水の陣で臨むのです。

Undercover

October 18, 2006

そして今日はジョニオ君Diorへ行った後にアンダーカバーのスタッフ数名と元旦へ食事に。今やアンダーカバーも42人の大所帯らしい。はじめは3人からスタートしたという事を考えるとここにも2条の法則以上のものが働いている。その携わる人たちに支えられ、目指すもの、必要なものの現実化を一歩も二歩も近づけて行く。しかもかなりのスピードで。心強い事も多いだろう。一連の作業を見ているとそう感じた。来期『Purple』も調子が良いらしく、海外では79店舗で展開されているということだし、来年からは伊勢丹でも販売を開始する勢いの様。これからの躍進に興味あります。気になっていたをジョニオ君が持っていたので拝借。本の中に出てくる現場を友人の地元へ連れて行ってもらった時に話してくれていた事の過去と本の情報の現在が交錯して理解に間が空いてしまったが冒頭を読み理解する。
aiken.jpg

二乗の法則

October 17, 2006

そろそろいろいろ準備に取り掛かり始めているののですが、いかんせん一人というこの環境が作るものには良くも悪くもその世界観一つであって、到底この先の事を考えると不安も尋常ではありません。自分一人で何事も成せる訳ではありません。そこへ他の助けが入る事によって1+1ではなく二乗という速度で進んで行く人の知恵や力のありがたさが何乗にもなって形に現れる事を考えると世間で企業体として成立している会社に対する考え方も成り立ちます。今日はENDSWORKSさんが家に来て朝6時まで作業してくれている事も二条の法則以上の事が働き、結果として残していってくれるものは計り知れないのです。PEOPLE HAVE THE POWER.

Neighborhood

October 16, 2006

夕方からネイバーフッドの07SS展示会へ足を運ぶ。相変わらずのアイテム数には感服。本当にすごいブランドだなと感じました。僕がいた頃からすると数段の変貌。好調ぶり。あれからもう5年が経つ。今日は時間帯が良かったのか、本当にいろんな人たちに会う。ここでしか会わない人もいる。改めて自分がいた空間がとても貴重であった事も再確認して会場を後にした。

ほっと一息

October 15, 2006

日頃走り続けていなくてはならないと思っているとして、日曜日にこんなところで非日常的な感覚に浸れて楽しめる空間はそうざらには無いと思うとついつい来てしまいます。コーヒ−1杯でかなりの贅沢。

dean.jpg
ma-ru.jpg

のどかな土曜日

October 14, 2006

金曜日の夜が良かったのかどうかはわからないけど、朝から清々しい土曜になった。人間らしい土曜日。しかも今は季節も良い秋。でも子供の頃はどうしてか秋が嫌いだった。中途半端な立ち位置というか、何故だかこの季節に期待感は無かった。そしてこの季節が好きなったのはいつからだろう。学生というカテゴリーから外れ、大人になってからだと思う。少しは僕も成長したって事か。きっとそうだろう。今日は夕方から先日LAで買って来た『DEADZONE』SEAZON3.4を通しで観てのんびり。


dead.jpg

落ち着く先

October 13, 2006

人はいつもどこへ向かい、何を求め、どうして、どのように、自分と他人と対峙して、折り合いを付けて続く日々是決戦。たまには安堵を求めてもいいでしょう。今日は金曜日、酒を酌み交わして交わす言葉には優しささえ感じて心に響く空間あり。

robata.jpg

THE DEVIL WEARS PRADA

October 12, 2006

THE DEVIL WEARS PRADA』を観ました。作者は、ヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをつとめた経験を持つローレン・ワイズバーガー。ファッション界における華やかで苛酷で理不尽でさえもある裏舞台を見せつつ、社会での痛感する驚きや迷いをユーモアあふれるタッチで描き出し、共感を味わわせてくれそうな所謂トレンドタッチ・ムービー。それなりに楽しめますが実際はどうなんでしょう。こんなに綺麗にまとまるものでしょうか?メリルストリープは流石の好演、アンハザウェイは可愛すぎ。評価☆☆

通える理由

October 12, 2006

バブッチョに教えてもらってからもう10年は通っているこの店『かっぱ』。最近は露出もするようになったし。先日は読売新聞にも出ていた。駒沢公園通りをちょっと入ったところに構える牛煮込みの店。メニューは至ってシンプル、煮込みの並小、ご飯、お茶漬けの大並小、お新香(夏場は胡瓜、冬場は大根)のみ。これだけで勝負しているこだわりの店なのである。創業56年。色々感じる事もあるときっと思う。がしかし、まずは此処に行ってみてもらいたい。そして良く観察してもらいたい。百聞は一見にしかず。十分にその価値はあると思う。主役は揃っているのだから。
kappa2.jpg
kappa.jpg

S.E.R.

October 11, 2006

VINYL JUNKIES RECORDSのジュン君がロンドンで『SUPERB ENTERTAINMENT RECORDS』を立ち上げた。第一弾はTerrence Pareker/Dmell Kendricksの『Yours Truly』。ロンドンを思い出させてくれるようなデトロイトハウスです。

Superb-Entertainment-LTD.jpg

ローストダック

October 10, 2006

感動が薄かったとは言うもののここのダックは全く別もの。ここで働く友人のジャッキーは中国にはもっと美味しいのがあると言っているのだから中国4千年の歴史はやはり侮るべからず。しかし、今の僕がここのローストダックを絶賛するにはそれほど難しくはない。何せここに週3、4回は通える程なのだから。是非ロンドンへ訪れた際には行ってみてもらいたい。味の説明は食べたら解ります。なるほどと。そこに言葉はいりません。今回ももちろん行きました。トール君と。補足になりますがここのそれ以外のディッシュも美味しいんです。


ダックダックダック
DUCK.jpg
DUCK.jpg
DUCK.jpg
美味すぎでごめんなさい。


体育の日

October 9, 2006

今日は3連休最後の月曜日。天気も良く、とても気持ちよく過ごせしました。というのは建前。本当はやる事だらけの休日でした。たまった新聞に目を通し、録画しておいた番組、ででいる週刊誌、漫画を読み、昨日から引き続き残ってしまった仕事を延々とこなしてからリサーチという名の下に友人と新宿伊勢丹の地下へ。大好きなデパ地下。いろんな食に溢れる地ここ伊勢丹 デパ地下は食の情報発信源である大人のアミューズメント。季節も感じられる上に五感をも満たしてくれるのである。試食三昧。今日は千駄木の寿司か今半のすき焼き弁当か迷ったあげく後者を購入。まだ何を食べても美味しい。(ヨーロッパ戻りなので。)しかし、思うに今回は日本から海外へ赴いたので食に対する感動はやや薄かった。その日本のレベルの高さには感服したし、恵まれた環境に住んでいる事を実感しました。帰宅後は待望の『PRISON BREAK SEASON2』6話7話を観る。ヤバイ。


EPISODE7 PART1

Back to Tokyo

October 8, 2006

東京に戻り、成田は暑かった。24℃。1週間留守にしていた家に戻りBack to a real world. 今回の旅を振り返る事も無くままいつも通りにやるべき事、溜ってしまった事を紙に書き出し、汗をかきながら、おにぎりを頬張り取り掛かる。暑い。それにしても今回の怒濤の1週間は1年半振りだったという事もあってロンドンではまだまだ足りず後ろ髪を引かれる思いで後にした。パリでも全く同じ思いだった。また近いうちに行こう。今回の回想写真とともに。

loo-kee.jpg
toru.jpg
aya.jpg
G15.jpg
paris-yuyake.jpg
paria-atorie.jpg
show3.jpg
show6.jpg
show1.jpg
kamo.jpg
show4.jpg
show5.jpg
show7.jpg
show2.jpg
paris-sky.jpg

ロンドン最終日

October 7, 2006

ロンドン再上陸4日目 晴れ
今日の夕方には東京に戻るので朝からミーティングを。今日は本当に天気が良く、今回の中で一番の快晴。気持ちいい朝。DOVER STREET MARKETに行きTHE MASKの扱われている場所を確認。友人のダグマから売れ行き、価格など色々話を聞く。やはりロンドンという場所、DOVER STREET MARKETという店柄、本当に多岐にわたる日本でも名の知れた人々が僕のTシャツを買ってくれているという事を聞き感動した。改めて世界が小さい事を確認した。これからも頑張っていこうと思う。最後にこのお気に入りのミンティーを飲んで帰国の途に。

minttea.jpg

ミーティング

October 6, 2006

ロンドン再上陸 3日目 曇りシャワーのち晴れ

明日には東京に戻るのでいくつかのミーティングをした後に色々お世話になったGIMME5のオフィスへ。時間が遅かったのか会えなかった人もいたのがとても残念だった。

G-5.jpg

ロンドン再上陸

October 5, 2006
ロンドン再上陸 2日目 曇一時雨
ロンドンに戻り、ルーティンな今までの足取りをなぞる様に色々な場所へ赴く。好きな場所、すきな人達の居る所へ。昼食はロンドンに来た時、最初に色々良くしてもらったジョージと飲茶を。彼は今、ロンドンにあるシアターのアート的な仕事をしている。何でも次はシェ−クスピアらしくこの飲茶の前行った本屋でも資料を買っていた。

パリ最終日

October 4, 2006
パリ4日目 晴れ
今日はとても気持いい天気なのにこれからロンドンに戻る。しかし、パリではまだまだショーは続く。今回も色々日本やそれ以外から来ている方々にも会えた充実した数日で あった。

TAO

October 3, 2006
パリ3日目 曇り時々雨
昼からジョニオ君、富樫君とコムデギャルソンの新ブランド「TAO」のショー、ジュンヤ、コムデギャルソンのショービデオを見に行く。本当は国寅屋へうどんを食べに行こうとしたけど行列のため断念。コムデギャルソンが今まで見せ続けていることが今季も続いていた事を確認して会場を後にした。しかし、川久保さんは本当にタフな方だと今日も思った。

Purple

October 2, 2006
18:30分より45分押してスタートした「Purple」。全体的にセクシーを意識したアンダーカバーの理解の元に表現された07SS。下着や色々素材を駆使して統一感のあるセクシーをアンダーカバー的に落とし込んでいた。入り口には入りきれない人がでるほどの盛況ぶりだった。

ショー当日

October 2, 2006
パリ2日目 曇時々雨
18時30分から始まるショー。昨日も3時まで作業。11時にジョニオ君、富樫君、ジェームス、ヒロミさんと期待感が高まった会場に。

パリへ

October 1, 2006
ロンドン3日目 晴れ時々雨
今日はこれからパリに向かう。普段ならユーロスターで入るのだが今回は空路にてのパリ入り。それにしてもたった50分でフランス語圏へ着いてしまう。狭い狭い本当に近い近いヨーロッパ。